English | Japanese | Korean

 



開発者について

Twitter4J はコミュニティメンバにより開発されています。 プロジェクトのネットワークは github.com で確認できます。

開発に参加する

コードのコントリビュートを行う場合は以下の手順に従ってください。

  1. メーリングリストに報告する

  2. バグや機能追加要求についてメーングリストに報告します。もし報告する現象が既知の問題でなく、確実にバグと考えられる場合このステップは省略しても構いません。
  3. 課題を登録

  4. 課題を YouTrack に登録します。
  5. ソースコードを修正する

  6. 必要なソースファイルを TFJ-XXX という名前のブランチで修正します。以下の点を気をつけてください:
    • コードがコーディング規約に準拠していること
    • JUnit テストケースが変更に含まれていること
    • コミットログに issue# (TFJ-***) が含まれていること
    • 新規に作成されたファイルは@authorタグとライセンス条文が含まれていること
    • 初めてコントリビュートする場合はreadme.txtに名前、メールアドレス、Twitterアカウントが含まれていること
  7. pull request を送る

  8. pull request を yusuke に送ります。
  9. マージとクローズ

  10. マージが完了し、テストケースが通ると issue はクローズされます。

コーディング規約

ソースコードは可能な限り Code Conventions for the Java(TM) Programming Language を尊重してください。ただしインデントはスペース4つです。
また、Twitter4J は Java 5 と互換性を持つように設計されているため Java 6 以降で導入されたAPIは利用しません。

課題管理

Twitter4J はJetBrains社の提供する課題管理ツール、YouTrack を使ってバグ管理を行っています。

継続ビルド

Twitter4Jは継続ビルドに Jenkins を使っています。

IDE

Twitter4J は Maven ベースのプロジェクトなので好きな IDE を利用することができます。JetBrains は Twitter4J.org に IntelliJ IDEA の Open Source Project License を提供しています。パッチを書いたことのある方はこの IntelliJ IDEA のライセンスファイルを使うことができます。詳しくは までお問い合わせください。

Can't code withoutJava IDE with unparalleled java code
analyzer (600+ built-in inspections)